2015年12月20日日曜日

File#012: Gingko Tree



  
  1945年の東京大空襲で燃えたが、生き残った飛木稲荷神社にある銀杏の木。神木として祀らわれている。その時に焦げた跡が、現在でも生々しく幹に露出している。銀杏はもともと水分を多く含んでおり比較的、耐火性が強い木である。(墨田区 2013.09.22撮影)

  

 Ginkgo tree, which was burnt heavily by the 1945's March 10 Tokyo Air Raid, but survived at Tobikiinari Shrine. The tree has been enshrined as a symbolic guardian diety. The burnt traces of charcoal are still exposed and visible on the trunk.  The ginkgo tree itself is relatively fire-resistant because it contains much water inside. (Sumida Ward, Tokyo.  2013.09.22)


File#011: Paper Lantern


  江戸川区・旧中川で東京大空襲の犠牲者への慰霊と恒久平和の願いをこ
めて流された灯籠。東京大空襲で旧中川では約3000人が犠牲になったと推測されている。現在、この慰霊灯籠流しには多くの区議会議員とメディアが駆けつける。セレモニーは戦後54年経過した1999年から毎年8月15日に旧中川のふれあい橋で行われている。(江戸川区 2014.08.15撮影)
 


   恐怖にとりつかれた国では、全土をおおう不安感のために、悲しみを悲しみとして明かす行為は圧殺される。』−マイケル・オンダーチェ著 小川高義訳『アニルの亡霊』から

     Paper lanterns floated down Old-Nakagawa River at night to commemorate the victims of the Tokyo Air Raid firebombing and to pray for peace. An estimated 3,000 people perished in the river on March 10, 1945. Today, the ceremony attracts many ward assemblymen and media. It has been held on August 15th at Fureai Bridge, Old-Nakagawa River every year since 1999, which was 54 years after the war ended.  (Edogawa Ward, Tokyo. 2014.08.15)


       "In a fearful nation, public sorrow was stamped down by the climate of uncertainty." - from "Anil's Ghost" by Michael Ondaatje

File#010: Kamakura Bridge

   
 1944年11月の夜に行なわれたB29からの機銃掃射の弾痕が残る千代田区・鎌倉橋の欄干。その夜からB29爆撃機による本土市街地空襲が本格的に始まった。大小30個ほどの銃弾の後が今でも確認できる。犠牲者の情報は不明である。(千代田区 2014.03.17撮影)


    『いずれにせよ戦争とは、人びとから人物としての性格を奪うことなのだ。』−カート・ヴォネガット・ジュニア著  伊藤典夫訳『スローターハウス5』から
 

     Traces of B-29 bomber machine-gun fire in the night of November, 1944 on the handrail of Kamakura Bridge in central Tokyo. It was the beginning of strategic air bombings on the Japanese mainland by B29s. It bears about 30 various sizes of bullet impacts that are still visible. No information on casualities is available. (Chiyoda Ward, Tokyo. 2014.03.17)


  "One of the main effects of war, after all, is that people are discouraged from being characters."- from "Slaughterhouse-Five" by Kurt Vonnegut

File#009: Utility Pole


     台東区・三筋町の焼け焦げた電柱の複製。1945年3月10日の東京大空襲の後、辛うじてこのあたりで残っていたのがこの電柱だけであった。生き残った近所の人たちがその体験を忘れないために電柱をそのまま残す事に決めた。後になって本物の電柱は展示と保存のために江戸東京博物館で保管される事になったのだが、戦争の悲劇を次世代へ伝えるために全く同じものをセラミックスで複製し残している。(台東区 2014.02.24撮影)


  『人間がやることは全部偽の慰めだ。でも言い方を換えれば、どんな慰めも全部本物なんだ。』−アン・マイクルズ著 黒原敏行訳『冬の眠り』から

  Replica of a burnt utility pole at Misujicho, Taito Ward. After the March 10 Tokyo Air Raid, only this burnt pole stood in the area. So a neighbor survived the Air Raid decided to keep it standing, so as not to forget their war experiences. Although the real burnt pole was later moved to the Edo-Tokyo museum for display and storage, the neighborhood created an exact replica of the pole, made from ceramics, to remind the next generation of the sorrow of the war. (Taito Ward, Tokyo. 2014.02.24)   
 
 ”Everything we do is false consolation, said Lucjan. Or to put it  another way, any consolation is true." - from "The WinterVault" by Anne Michael

2015年11月18日水曜日

File#008: Air-Raid Shelter II

                                                                                                  
     横穴式防空壕が残っている初音の森公園。現在、防空壕がある場所は安全のためフェンスが設置され立ち入り禁止となっている。そのため自然の草木が繁殖している。撮影中、近所の人が少年時代にはよくその防空壕で遊んでいたと声をかけてきた。(台東区 2014.06.14撮影)



   『平和は脅威にさらされたときはじめて陳腐であることをやめる。しかし脅威がやってきたときには、わたしたちは平和について考えるゆとりを失っている。』−ノーマ・フィールド著 大島かおり訳 『へんな子じゃないもん』から

  Here in Hatsune Forest Public Park, a cave-like air raid shelter is still located. The area is protected by a fence for safety, and now wild nature has taken over completely.  When I was shooting there,  a neighbor told me that he used to play around the shelter when he was a kid. (Taito Ward, Tokyo. 2014.06.14)


 ”Peace ceases to be banal only when it is threatened. But the moment it's threatened, we lose the capacity to think about it.” -from "From My Grandmother's Bedside :Sketches of Postwar Tokyo" by Norma Field

File#007: Air-Raid Shelter I

  
  台東区谷中の玉林寺にひっそりと残っている防空壕。墓石で作られ、東京大空襲時のグラウンド・ゼロ(墨田区、江東区)から少し離れていたため奇跡的にほぼ当時のままの姿で残っている。現在、防空壕はお寺の私有地にあり一般非公開である。戦後ずっと土に覆われていたが、墓守の小坂敏雄(66)さんが19年前に掘り起こし、それ以後、管理と保存に精をついやしてきた。ある意味、小坂さんも戦争体験の伝承者であると言ってよい。

       自らの死の恐怖から逃れるために避難した者が、死者たちに囲まれそして守られていたと想像するのはあまりにも残酷な話である。しかしそれは生死に直面していた人々が向き合わなければならなかった避けられない現実だったのだろう。避難した人々は空襲の中、冷えて湿った真っ暗闇で何を思い、ささやきあっていたのだろうか。(台東区 2015.08.17撮影)


   『私たちは沈黙の国民になった。誰はばかることのない地下室でだけ人々はまだ語り合うことができる。』−山本浩司訳『ベルリン終戦日記 ある女性の記録』から


     This is an air raid shelter that survived WWII in the Gyokurinji Buddhist Zen Temple at Taito Ward, Tokyo. It is well kept and miraculously intact because it is made of gravestones and was a little off-center from ground zero (Koto Ward, Sumida Ward) of the Tokyo Air Raid. It's located at the private graveyard of the temple, not open to the public right now. The shelter had been buried in the ground since the war ended, but Toshio Kosaka (66), a grave keeper at the temple, dug it up 19 years ago and has been maintaining it with a sense of pride since then. In a way, he is one of war history's memory keepers.

     It is distressing to imagine that evacuees who wanted to escape from the fear of death were simultaneously surrounded and protected by the dead.  But there was no other way, it was a matter of life and death. I wonder what people felt and whispered to each other in the cold, damp darkness during the raids. (Taito Ward, Tokyo. 2015.08.17)                                               


     "We've turned into a nation of mutes. People don't talk to one another except when they're safe in their basements." - from "A Woman In Berlin: Eight Weeks in the Conquered City" by Anonymous (trans. from the German by Phillip Boehm)




2015年10月18日日曜日

File#006: Sumida River


      1945年3月10日の東京大空襲の日、多くの人々が避難した隅田川の川岸。しかし火は川の中央まで達し、多くの人々は溺れ、死体が焼けた流木のように川を埋め尽くた。引き潮になると死体が川下まで下がり、上げ潮になると戻ってくるので、すべてを片付けるのに数ヶ月を要した。去年の初夏、川岸で大空襲を体験した老女と出会った。隅田川を渡る時は、今でも亡くなった人たちのために手を合わせ祈るのを欠かさないと言った。(墨田区  2014.02.15撮影)

 『人間の記憶は空気のながれや川底の沈殿物のなかに記号となって書きこまれる。積もって丘となった灰は、すくいあげられて生命が再構築されるのを待っている。』ーアン・マイクルズ著 黒原敏行訳『儚い光』から



  The bank of Sumida River, on which many sought refuge from the March 10 Tokyo Air Raid firebombing. But the fire spread to the middle of the river and many were drowned, their bodies filling the river like floating firewood. It took many months to clear the river because the corpses had drifted downstream with the ebbing tide and then floated back up when the tide came in. Early last summer I met an elderly woman who had experienced and survived the Tokyo Air Raid on that river bank. She said that she always prayed to the dead whenever she crossed the river, even today. (Sumida Ward, Tokyo. 2014.02.15)

     
 "Human memory is encoded in air currents and river sediment. Eskers of ash wait to be scooped up, lives reconstituted." - from "Fugitive Pieces" by Anne Michaels